福祉施設における太陽熱利用システムの導入

鹿児島県社会福祉協議会は、地域の社会福祉の推進のため、市町村社会福祉協議会等の福祉団体への支援や連絡調整、地域福祉活動(事業)の開発・普及、人材養成、福祉サービス等の情報提供や助言等を行っている。
この度、県内の社会福祉法人が運営する知的障害者更生施設「おおすみの園」、養護老人ホーム「妙見の里」、社会福祉法人徳之島福祉会の施設において、施設の暖房用に使用していた熱源機器の一部を太陽熱利用システムに更新することでCO2排出削減に貢献することとなったため、鹿児島県社会福祉協議会がそれらを取りまとめて、国内クレジットのCO2排出削減事業としたものである。

■排出削減事業者

社会福祉法人鹿児島県社会福祉協議会

■排出削減事業を実施する事業所

社会福祉法人白鳩会「おおすみの園」   
 鹿児島県肝属郡南大隈町根占川北2105
社会福祉法人明星福祉会「妙見の里」   
 鹿児島県枕崎市寿町263番地
社会福祉法人徳之島福祉会   
 鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2124番地1

■排出削減事業の名称(排出削減方法論の番号・名称)

福祉施設への太陽熱利用システム導入によるCO2削減事業 (016 太陽熱を利用した熱源設備の導入)

■排出削減事業の目的

施設の給湯として太陽熱利用システムを導入し熱源の一部を代替することにより、地球温暖化対策の推進を図るもの。

■国内クレジット認証期間

事業開始日 2009年2月13日

終了予定日 2013年3月31日

社会福祉法人白鳩会「おおすみの園」

二酸化炭素排出削減量(見込)

クレジット認証期間合計:260t-CO2

(t-CO2)排出削減量見込みグラフ