J-クレジット等活用プログラム > 国内クレジット制度について

国内クレジット制度について

国内クレジット制度は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている、大企業等による技術・資金等の提供を通じて、中小企業等が行った温室効果ガス排出削減量を認証し、自主行動計画や試行排出量取引スキームの目標達成等のために活用できる制度として、平成20年10月に開始されました。 

平成25年度に国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度は発展的に統合され、J-クレジット制度が発足しています。国内クレジット制度において事業承認を受けていた事業は、「移行届」を提出することにより、事業開始日から一定期間は、国内クレジット制度のルールに基づいて事業を継続することができます。